株主優待廃止からの復活!今度はプレミアム優待倶楽部の導入へ

JPホールディングス(2749)の株主優待はプレミアム優待倶楽部

株主優待を導入する企業は1300社を超え、上場企業の3割を超えるシェアに増え続けています。増え続ける株主優待銘柄の中でどこの株式を保有しようか、迷ったことはありませんか?

「株主優待セレクション(カブセレ)」ではテーマ別、個別銘柄でピックアップした株主優待銘柄をご紹介しています。今回は「株主優待廃止からの復活!今度はプレミアム優待倶楽部の導入へ」としてピックアップしました。株主優待ライフの参考にしていただければ幸いです。

また、カブセレでは以前「プレミアム優待倶楽部」を導入する企業のピックアップ記事を出しています。こちらも合わせてご覧ください。

©WILLs (2017/8/26 追記) オールアバウト(2454)を追加 (2017/8/29 追記) J...

スポンサーリンク

JPホールディングス(2749)とは

保育園運営等の保育用品や給食を販売し、子育て支援事業を手掛ける。

保育士の処遇改善による賃金増が痛手。業績はやや後退している状況。

株主優待は毎年9月末日現在の株主名簿に記載または記録された5単元(500 株)以上ご所有の株主を対象とし、同社プレミアム優待倶楽部で利用できる優待ポイントを進呈。


JPホールディングス(2749)はプレミアム優待倶楽部の優待ポイントを進呈

株価 325円(2017/8/29 時点)
単元株数 100株
権利確定月 9月末日
現在の株価、優待内容をチェックする(ヤフーファイナンス)

優待ポイント(保有期間1年未満)

500株以上 2,500ポイント
1,000株以上 5,000ポイント
2,000株以上 7,000ポイント
3,000株以上 10,000ポイント
4,000株以上 13,000ポイント
5,000株以上 16,000ポイント
10,000株以上 31,000ポイント

優待ポイント(保有期間1年以上)

500株以上 2,750ポイント
1,000株以上 5,500ポイント
2,000株以上 7,700ポイント
3,000株以上 11,000ポイント
4,000株以上 14,300ポイント
5,000株以上 17,600ポイント
10,000株以上 34,100ポイント
株主優待の特徴

500株から優待が取得可能。10,000株まで複数の区分が存在する。1年以上の保有があると取得ポイントが1割アップする。保有ポイント数に応じて 1,000 点以上の商品から選択することができる。

最後に

500株の取得が最低条件のため、取得する際は気を付けたい。長期保有の株主にはポイントの有効期限が延長される。高価商品を狙うことも可能となっている。