9月より優待拡充、松屋フーズの株主優待は1枚当たりの価値が向上

松屋フーズ(9887)の株主優待は食事優待券で利用可能店舗拡大で実質拡充

株主優待を導入する企業は1300社を超え、上場企業の3割を超えるシェアに増え続けています。増え続ける株主優待銘柄の中でどこの株式を保有しようか、迷ったことはありませんか?

「株主優待セレクション(カブセレ)」ではテーマ別、個別銘柄でピックアップした株主優待銘柄をご紹介しています。今回は「9月より優待拡充、松屋フーズの株主優待は1枚当たりの価値が向上」としてピックアップしました。株主優待ライフの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

松屋フーズ(9887)とは

牛めしや定食などを販売する「松屋」をはじめ、とんかつの「松のや」などを全国で展開する企業。松屋以外の新業態の成功でどんどんと店舗数を伸ばし、業績も急拡大している。積極的な限定メニューの投下で客単価アップと飽きさせないメニュー展開も奏効。

株主優待は飲食に利用できる優待食事券を進呈。


松屋フーズ(9887)は飲食に利用できる優待食事券を進呈

株価 4,090円(2017/9/1 時点)
単元株数 100株
権利確定月 3月末日
現在の株価、優待内容をチェックする(ヤフーファイナンス)

優待食事券

100株以上 10枚
株主優待の特徴

優待券1枚でメニューより1品無料となる。従来は特定のメニューのみで利用可能だった株主優待が9月より「全ての定食、丼、カレーなどメインメニューおよび期間限定メニュー(※)」から選択が可能となった。これにより松のやの単価の高いメニューの選択も可能となって、株主優待1枚当たりの価値も向上した上、利便性も大きく高まった。

※ 定食、丼、カレーの各種セットメニューは対象外。
※ 惣菜、サイドメニューは対象外。
※ ライス大盛可、特盛については、追加料金が必要。

最後に

最大で790~880円(地域による)あたりのメニューにも使用可能となった。またメニューの制限がなくなったので、使用可能メニュー表を眺めたり、店員に確認する必要が少なくなった。